糖尿病のリスク

甘いモノを食べなければ糖尿病にならないんでしょ?そんなことを思う人がいるかもしれませんが、実際問題としてはそれだけでなく、定期健康診断の結果で急に糖尿病になったという人もいます。

 

生活習慣には気を配ったとしても、年齢などが影響しても起こることもが有ります。

 

たとえば、性別でも、男性の方が糖尿病なりやすく、30代よりも40代以上から急激に発症率が高く、BMIが25上の人、喫煙者、高血圧の人などの幾度の確率で糖尿病になるという話も聞きます。

 

食事の管理とともに、体重などにも気を配ることが大事です。

 

もしも健康診断で異常値を示した人は、発症確率が高かった人は生活習慣を改めて見直し、糖尿病の改善や予防を心がけることが重要になると思います。

 

たとえば、油を使うときなど、植物油は体にいいと信じているひとが多いと思います。ただし、マーガリンなどは科学的に水素を足して油を固形にしていますので、毎日のように使っていたら糖尿病になりやすいことがわかっています。

 

油を使う場合には、オリーブオイルやごま油など昔ながらの製法で作られた植物性油がおすすめです。パンにつけるなら、マーガリンよりもオリーブオイルのほうが健康的にもなるので、体にとてメリットに繋がるものを利用するようにしましょう。