血糖値を下げるメトグルコ

糖尿病の薬であるメトグルコ

グルコバイはダイエットや血糖値を下げる薬として使われていますが、似ているような薬もたくさんあるそうです。

 

メトグルコという薬は、あくまでも糖尿病の薬として処方され、血糖値を下げ、肝臓での糖分の生成を抑えるそうです。

 

血糖が、その量を調節するインスリンホルモンの働きを受けやすくなる効果。グルコバイと似ているそうですが、あくまでも糖尿病の薬として処方されているそうです。

 

肝臓で糖分が作られるのを抑え、筋肉や脂肪組織で等を利用するのを促進させる。腸管から等を吸収するのを抑えるため、血液中の糖分お量が減り、特にインスリンホルモンの働きが悪くなったり、分泌量が減少するなどの
2型糖尿病の患者に処方されているとのこと。

 

ただし、血液中のコレステロールや体重の増加を助長しないので、肥満型の糖尿病患者によく処方されているとのこと。

 

あくまでもダイエットメインとしても病院で処方されるわけではないので注意。なおかつ、副作用として乳酸アシドーシスとというのがあり、成分の一つにフェンフォルミンというのが含まれているそうです。この作用は、体によろしくないために、適切な意思の管理のもとで、病院などで処方されている薬です。